パチンコ期待値計算サイト

勝てる店の見分け方

パチンコの勝ち負けを決める大事な要素の一つに店選びがあります。

一般客なら「交換率・釘・接客・居心地・打ちたい台の有無」などが中心となりますが、パチプロと呼ばれる人々は一般客と少し違った視点で店を選んでいます。

では、パチプロは何を基準に店を選ぶのか?

そして、初中級者が勝てる店を見分けるにはどうすれば良いのか?

ということで、今回は優良店(勝てる店)を探す時のポイントについて書いてみたいと思います。

-スポンサードリンク-

パチプロの店選び

主に出玉関連(スルー・電チュー周辺・アタッカー周辺)の釘を見て、回転率関連(ヘソ・寄りなど)の良し悪しを判断します。

出玉が取れそうなら回転率関連が普通でも使える店と判断し、逆に出玉が悪いと思われる場合は回転率関連が多少良くても使えない店と判断します。

止め打ちへの対応

捻り打ちを含む止め打ちに対する店の対応はパチプロにとって最も重要な要素となります。

店の対応は主に3つに分かれます。

  1. 増やしても何も言われない
  2. 一定レベル玉が増えると注意
  3. 一切禁止

1のように止め打ちでいくら玉を増やしても何も言われない店が理想的ですが現状はかなり少ないです。

2は最も多いタイプの店で、ホルコン(ホールコンピューター)で確変ベース(確変中の玉の増減)のリミッターのようなものが設定されていて、リミッターを超えるとエラーが出て店員が注意しにきます。増えすぎると注意されるので手加減をする必要があります。

3のように一切禁止の店は基本的に行くことはありません。

同業者の有無

ある程度の都心になると、使える店にはだいたい同業者(パチプロ)がいます

あまりにも多くいる店や打ち子を使った集団等がいる店は競争率が激しいので避ける場合もあります。

初見の店などでは同業者を確認することにより止め打ち禁止かどうかの判断をする事もあります。

この他に、交換率などの条件も加味しますが基本的には「釘・止め打ちの対応・同業者の有無」の3つの視点で店を選びます。

勝てる店の見分け方

それでは、パチンコ初中級者が勝てる店を見分けるにはどうしたら良いのか?

手っ取り早い方法はパチプロのいる店を探すことです。

プロがいるという事は少なくとも数台は期待値の高い台が存在し、止め打ちに対する対応が甘い店と予想できます。

あまり露骨に行うのは良くありませんが、プロが打っている機種に注目して釘を見たり試し打ちをすると店の傾向が見えてきます。

パチプロの見分け方

このサイトでチュートリアルを読んだ方ならパチプロと一般客を簡単に見分けることが出来ます。

パチプロで期待値や仕事量の計算をしていない人は恐らくいないので、チュートリアルに書かれていたような行動をしています。

耳栓やマスクをしたり、スマホばかり弄ってる人もプロっぽく見えますが、基本的には当たった時にメモをしてる人や通常に戻った際に上皿の玉を調整(当たる前の状態に)している人を探しましょう。

交換率

パチプロがいる店だからと言って安心はできません。

パチプロの場合は朝から長時間打てるので低換金でも期待値の高い台を打てますが、夕方からの稼動がメインとなる人は換金率や貯玉再プレイの有無をしっかりと確認しましょう。

注意

パチンコで勝っている人間は店にとっては招かざる客です。

止め打ちの注意をされた場合は大人しく従い、手加減が必要な場合は上手く対応しましょう。

また、これは暗黙のルールですが、プロが打っていた台だと知っていたにも関わらず翌日の朝イチなどからその台を打つことはマーク屋などと呼ばれ、昔から良しとされていません。

勝つ事に拘りすぎてトラブルに巻き込まれないように注意しましょう。

PAGETOP
©2015 Pachinko365.com